Crime prevention Security Association of Kanagawa
 〒220-0011
 横浜市西区高島2−11−2−312
 電話/FAX:045−451−0232
 
HOMEへ戻る
団体概要
活動内容
活動報告
防犯機器
パンフレット
防犯関係資料
会員の募集をしています
会員紹介
お問合せ
案内図
お役立ちリンク集へ
会員のみなさん専用ページへ
 
「マンションの防犯診断」のご案内
     
マンションの防犯診断・認定事業とは  
防犯診断事業の構成(防犯診断コースの紹介)  
マンションの防犯診断評価基準(総合カルテ)とは  
「防犯に優れたマンション」の認定を受けるには  
防犯診断の診断手数料など  
認定物件情報  

下記の表題をクリックしてPDFファイルでご覧ください。
  マンションの防犯診断運用要領
  防犯に優れたマンションの防犯診断「総合カルテ」
  マンションの防犯診断員派遣依頼書
   
 
マンションの防犯診断事業とは、
 この事業は、マンションの管理者やオーナーの依頼を受けて防犯診断を行い、防犯面の脆弱部分の対策を助言する(Cコース)ほか、侵入犯罪、窃盗、性犯罪などの犯罪の防止に配慮した構造及び設備を有するマンションを「防犯に優れたマンションの防犯診断基準(総合カルテ)」に基づいて診断を行い(Bコース)、必須項目をクリヤーした物件を認定・登録する(Aコース)ことにより、入居者及び入居希望者に対して防犯に優れた住宅の情報提供と普及を目指す制度です。
県民の皆様に、建物防犯に関する意識を高めていただくと共に、防犯性の高い建物を広く普及させ、安全で安心して暮らせる街づくりを目指す一環として行うものです。
 
防犯診断事業の構成
<防犯診断のコース紹介>
★マンションの防犯診断の申請を行う場合は、B,Cの2つのコースから選択して
   頂きます。
★Bコースの診断で不適合項目の対策を全て行った場合、Aコースの認定申請が
   出来ます。
 
マンションの防犯診断評価基準(総合カルテ)とは?、
 平成17年4月に施行した、県民総ぐるみで犯罪をなくしていくための規範となる 「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例/住宅に関する防犯上の指針」や国土交通省が定める、住宅の品質確保の促進に関する法律(品確法)に基づく「住宅性能表示制度/開口部の侵入防止対策」、「神奈川県防犯優良マンション認定制度評価基準」などを引用し、いくつかの物件サンプルでその妥当性を検証してまとめたものです。
 総合カルテには、43(平成26年3月時点)の診断項目があり、「防犯に優れたマンション」の認定(Aコース)を得るには、該当項目のすべてを満足する必要があります。
 
「防犯に優れたマンション」の認定を受けるには、
 1、申請を希望する場合は、最初に下記の規程内容をご覧頂き、概要を把握して
   頂きます。
(1)
マンションの防犯診断運用要領
(2)
防犯に優れたマンションの防犯診断「総合カルテ」
 2、認定機関は?
  特定非営利活動法人神奈川県防犯セキュリティ協会が独自に行う事業です。
 3、診断と認定は?
   防犯設備士の資格を持ち、評価基準の検討と、多くの物件の現場診断経験を積んだ会員に対して協会から診断員登録証が与えられ、この登録証を持った診断員が診断致します。
 認定の審議は、申請物件の担当診断員と協会の有識者による「認定委員会」で専門的、且つ公正中立的な視点で行われます。
 4、審査のステップは?
   当協会の行うマンションの防犯診断Aコース、Bコース、Cコースの3つのコースの内のBコースの評価項目を満足した物件に対して「防犯に優れたマンション/Aコース」の申請が認められます。
 
<診断の流れ>
 
@ 
マンションの防犯診断を希望する場合は、標準書式20−1(マンションの防犯診断員派遣依頼書)を発行してください。 この中でご希望の診断コースを指定して頂きます。
 いずれのコースの場合でも協会から申請者に対して「診断員派遣通知書」で診断日と診断員名を連絡致します。
 
 
 
A
 Bコースを希望する申請者は「派遣依頼書」の発行と同時に診断手数料(定額2万円)を、協会指定の銀行口座に振り込んで頂きます。手数料の振り込みが確認でき次第、診断員を派遣し「総合カルテ」に基づき全ての評価項目を診断致します。
 
 
 
B
 Bコースの評価項目が全て満足している場合、または全ての指摘項目に対して対策が講じられた場合にAコースの申請が認められます。
 改めて標準書式20−1(マンションの防犯診断員派遣依頼書)を発行して、Aコースの診断申請をして頂くとBコースで受けた指摘項目の対策部位を診断員が確認いたします。
 申請者は「派遣依頼書」の発行と同時に認定手数料(定額3万円)を、協会指定の銀行口座に振り込んで頂きます。(手数料の振り込みが確認でき次第、診断員を派遣致します。)
 
 
 
C
 診断員の診断報告書を基に認定委員会で審議し、認定の決定を
致します。
 
 
 5、関係書類
  申請書は下表の第1号様式「派遣依頼書」をクリックしてダウンロードして
ください。
 

運用に関わる書式一覧

 
様式
書式名
 発行区分
第1号様式 マンションの防犯診断員派遣依頼書  申請書
第2号様式 防犯診断員派遣通知書  協会
第11号様式 防犯診断報告書  協会
第4号様式 認定証及び認定プレート  協会
     
   
 6、認定されたらどうなるの?
   Aコースでは審査の結果、認定が認められると認定証と認定章(認定プレート)を交付致します。 認定章は屋外に掲示することで、犯罪被害リスクの低減や入居者とそのご家族の安心感の醸成に加えて、入居者や地域の防犯ニーズに対応した建物としての付加価値向上が期待できます。
認定プレートのデザインイメージ
認定証(イメージ)
認定プレート(イメージ)
(A4賞状タイプ)
(樹脂板製B4サイズ)
 7、認定後の留意事項は?
   「マンションの防犯診断運用要領」の内容をしっかり履行して頂きます。
 特に認定期間中の「総合カルテ」に関わる変更が発生した場合は速やかに協会事務局に届出をお願いします。 届出がない場合は認定取り消しとなる事があります。
 本制度の認定期間は5年間です。 
 更新を希望する場合は、改めて「マンションの防犯診断員派遣依頼書」でAコースの更新診断依頼を発行して頂きます。
 そこで改めて再診断を行い認定致します。 認定証と認定プレートは新規に発行致します。

 

防犯診断の診断手数料など

 防犯診断のコース別診断手数料
(1棟あたり、税別)             平成25年12月現在
 
内訳
診断&認定手数料
1
防犯診断 Cコース  
防犯診断 Cコース/報告書発行・報告会参加など 各10,000円
2
総合診断 Bコース/報告書発行を含む   20,000円
3
総合診断 Aコース/認定証、プレート含む 計50,000円
4
Aコース更新診断 /認定証、プレート含む 計30,000円
 
注1、棟の規模、大小は問いません。    注2、別途消費税が掛かります
 
 

認定物件情報

 現在「防犯に優れたマンション」として認定された物件を紹介しております。 
マンション探しはこの認定を受けた物件から選ぶことをお勧めします。
 
   
 
NPO法人神奈川県防犯セキュリティ協会
Copyright © 2006 CPSAK All Rights Reserved
  掲載の記事・写真・図表など一切の無断転載を禁止します。